スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

実用ジャズ・アレンジメント―コンボからビッグ・バンドまで

先日帰省したときに、父から貰ったこの本。


お父さん、こんなの持ってたんだー!!


って感激しました。


今現在アレンジとか理論とかいろいろ個人レッスンを受けていますが、レッスンから家に帰って復習すると「ややっ!これはどういう意味だったかな…。」「むむっ。この場合はどうするんだっけ?」という疑問満載でなかなか前に進みません。大体3回目のレッスンで一回目に教わったことがわかる状態です(苦笑)。


…と思っていたら!父が「これ、持ってけ。役に立つかも」とくれましたー!!


役に立ちます。わかりやすいです。しかもとてもよいことに、師匠から教わった内容がまるまる順序よく説明されているのでレッスンの復習がしやすい。なんか高校生に戻った気分です。勉強が楽しい!


あとは集中力。一曲(ただしまだワンコーラスだけ…。)だぁーっと仕上げることができた場合はいいですが、大体途中で集中力が切れます。「あれ?これなんだっけ?」って思ったら最後。変な和音にしちゃったり、臨時記号をつけなかったり、パート譜の段がずれてしまったり(ああ。最低)。この感覚は高校の微分・積分の宿題をやっつけているときに似ています。


最後に先日のレッスンでじ〜んと来た言葉を紹介します。

私が中音部と低音部を(悩んだ末に)ワンノート(つまり動きがない)にしていたら、先生が、

「ピアノは全パート一人でできるけど、一音一音(1パートごとに)一人の人間が吹くんだよ。吹いてる人のためにも動き(音の上がり下がり)つけてあげなきゃ。」


なんか、はっ!!としました。そうだよね!!!プレーヤーが演奏してて「楽しい!」って思えるようなモノを創りたいです。

スポンサーサイト

コメント

ぃゃぃゃ、奥が深いね
もゆるの楽譜で「楽しい!」って吹いてみたいなぁ

まずはもゆるがいろいろ楽しみながら頑張ってね☆

  • Rey
  • 2007/09/02 11:09

Ray-

特にトロンボーンセクションで楽しいやつ作りたいよ!いい楽器だよね、トロンボーン。

  • こむかい
  • 2007/09/02 12:44

 再びお邪魔します。タイムリーな記事でしたので、書き込みさせて下さい。
前のコメントでお願いしたいこと、と書きましたが、実はサックスとピアノの
編成で曲をアレンジして頂けないかな!?と思ったのです。普段はクラシックサックスを演奏していますが、たまにジャズっぽい曲も吹いてみたくなります。市販のものではちょっと物足りないものですから、できることであれば曲をアレンジして頂けたら、と思った訳です。アマチュアサックス吹きのお願いですが、よろしくご検討ください。

トラックバック
この記事のトラックバックURL