スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Federico Colliピアノリサイタル

昨日は武蔵野市民文化会館にピアノリサイタルを聴きに行ってきました。Federico Colli(フェデリコ・コッリ)というイタリア人の25歳のピアニストです。



ダビデ像....??!彫刻みたい...!!!



プログラムは

第一部 シューベルト 4つの即興曲 Op.142 D935

第二部 シューマン ピアノソナタ第一番 嬰へ短調 Op.11

でした。

フェデリコ・コッリは、2011年モーツァルト国際コンクール、2012年リーズ国際コンクールで優勝しているとのことで、まさに今ノリに乗ってるピアニストで、とても楽しみにしていました。

ピアノに向かってステージを歩く姿がちょっと気だるそうで、(若いのに^_^;)左に首を傾げていて(これから演奏だけど大丈夫かなー^_^;)、お辞儀も独特でなんかおもしろくてちょっと笑っちゃった。

でも、一曲目、始まったらどんどん引きこまれました。この曲は実家でもよくCDで流れていたし、たしか母が弾いていたので知っていましたが、解釈が初めての感じで独特でとても聴いていて面白かったです!

第一部のシューベルトは4曲目のAllegro scherzandoは昔クラシックピアノを習っていた時にさらったことがある曲でした。昨日は、大学のピアノサークルに所属している私の弟と、そのお友達の3人で聴きに行ったのですが、終わった後クラシックピアノ談義もできて楽しかったなー*(^o^)/*


第二部のシューマンは、第一部からガラッと音質というか音圧が変わっていて驚きました。
いま私は妊娠9ヶ月なのですが、シューマンのときずっと胎動が激しくて激しくて激しくてツライよーおおおー!!(ゴールデンボンバー風に)いや、ほんと痛かったです。息子はシューマンみたいな天才狂人....だったらどうしよう^_^;


そう!昨日はアンコールもすごかったの!!拍手が鳴り止まなくて、もちろん私ももっと聴きたーい!!と拍手しました。そしたらなんと!3曲もアンコール弾いてくれました!3曲も!!

アンコールの曲目はこちら。


2曲目のチャイコフスキーのくるみ割り人形の元曲はオーケストラとチェレスタ(小さいアップライトピアノの形をしたかわいい音のする鍵盤楽器)なのですが、ピアノ用に編曲されていて、もしかしてフェデリコ・コッリ自身が編曲したのかな?と話題にしていたのです。なんと編曲は私が大好きなミハイル・プレトニョフだったー!なんかうれしい*(^o^)/*楽譜も欲しいなー!


Federico Colli plays Beethoven Concerto No.5


ところで、昨日のリサイタルを教えてくれたのは、ピアニストでヴォーカリストの加藤アオイさんでした。
アオイさんとは5年ほど前に共演させていただいてからご無沙汰していたのですが、ここ半年ほど、アオイさんのおうちに2週に一回のペースで遊びに行かせてもらっています。それがもう楽しいんです!アオイさんはジャズだけでなくクラシック、歴史、写真、文学などなど....詳しくて、音楽談義だけでなくおしゃべりがいつもほんとに楽しいです。しかもアオイさんはお料理が上手ですごく美味しいんです!いつもアオイさんお手製のランチを頂いて、(あたしもこの前はチョコバナナのパウンドケーキ作って持ってった!)そのあとはセッションしたり、音楽談義したり、先日はアオイさんの生徒さんのレッスンを一緒に受けさせて頂きました。発声練習を一緒にやらせてもらったのですが、なんか、あ!そうだったのか!!と学べました*(^o^)/*

11/12にはアオイさんのブルースアレーでのライブAoi sings with stringsがあり、こちらもずっと楽しみです*(^o^)/*

アオイさんの大学の後輩のアレンジャー故はじひろしさんのストリングスアレンジでスタンダードが聴けます。この前アオイさんのおうちではじさんのスコアを見せてもらったのですが、すごくきれいでいまからわくわくしています*(^o^)/*


明日11/3は国分寺kikiのジャムセッションです。



ホストはレギュラーメンバーです。
田山勝美ピアノ
澁谷盛良ベース
藤井信雄ドラムス
小向萌ヴォーカル
で、15:00-20:00です。1500円です。最近kikiの上の階にBARがオープンしました。kikiでもオーダーできるみたいですよ。私も明日何か食べてみようと思います*(^o^)/*
私はこれから臨月に入るため、11/17から1月いっぱいまで国分寺kikiジャムセッションは産休を頂くことになりました。2月から復帰予定ですので、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL