スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ハモンド・オルガン!

沼袋ORGAN JAZZ倶楽部に行ってきた!これこれ。
場所:沼袋ORGAN JAZZ CLUB
時間:開場午後7時
   1st 8:00
   2nd 9:30
面子:澤田裕子p
   小高敏志b
   奥瀬健介ds
   金坂侑亮tp
MC:¥2,100


見た!!本物のハモンド・オルガン!ずっと見てみたかったんだ!聴いてみたかったんだ!

ピアノの澤田さんが、「2ステージ目の最後にやってみようと思ってる」的なことをおっしゃっていたので「是非聴いてみたいのでお願いします!!」と言った〜!!!!

ところでハモンドオルガンはイメージしていた形と違っていてびっくりだ。
最初、横にある直方体は牧師が説教で使う台…または校長先生とかが全校生徒の前で話すときとかに置かれている台かと思ったら…なんと!この直方体もオルガンの一部と判明!小学校のときにあったオルガンは…あれは…。別人!

と、とにかく、威厳があって、で、でかいですびっくり

マスターに伺ったところオルガン奏者はオルガンを持ち歩くことはないそう。待ち歩く用の小さいのがあるのだそうだ。へえ〜。へえ〜。へえ〜。×20。…60へえをいただきましたわーいイヒヒ


ピアノでは出せないロングトーンも可能だし、一音をずっと伸ばしているのだけでもすごく効果的でノリノリになる。見たこと、聴いたこと無い人!是非一度見て聴いてみるべき!


そうそう、2ステージ目の最後!
澤田さんの師匠の須川光さんのオリジナルの曲を弾いてくれました。
ファンキーな曲!須川さんのライブも是非行ってみたいと思った!


ライブが終わってマスター自らがオルガンを弾いてくださった!すごい!かっこいーてれちゃうラブラブポッ
私もエレピを弾くときはオルガンとかビブラフォンとかあえてピアノ以外の音で遊ぶけどなかなか左手のベースラインは難しいものだ。オルガンはオルガンでピアノとはまた違う練習法がありそうだ。オルガンのベースラインは足でやるんだとばっかり思ってたけど、プレーヤーによっては左足でやったり(マスターもやってた!)足を使わずに左手でベースライン、コードをやっちゃう人もいるらしい。Jimmy Smithは左手派なんだそうです。へえー!!

そそそ…そして!なんと!弾かせてもらったんだ〜!触ってきちゃったイヒヒラッキーわーいてれちゃうモゴモゴもちろん大好きなConfirmation!いえーい!ああ!ジミーくんみたいに弾けたらかっこいいぜー!

行って良かった!10月28日はハモンド・オルガンの日…HAMMOND ORGAN'S DAYに急遽決定だ祝

スポンサーサイト

コメント

こんにちは。 私のすごく小さいころ、家に小さなオルガンがありましたが、小さなアパートへの引っ越しを前に父に燃やされてしまいました。泣いたの覚えています。 あ、でも、おかげで今ドラム (音程のない楽器)をやれてます。

たむさん−

コメントありがとうございます。
そんな過去があったのですか…。
燃やす…って…。

またセッションしましょう!

  • こむかい
  • 2006/10/31 13:40
トラックバック
この記事のトラックバックURL