2月4日の吉祥寺MANDALA-2編 その1

アーリーバードでお世話になったベースの高橋さんに言われたとおりに4時に吉祥寺に行った。前日に舞い込んでくれたライブ、そういえばメンバーは誰か聞いてなかったけど、ベースは高橋さんで、私は歌ってくれればいいとのことでとりあえず譜面だけ持って行ったのでした。駅で、ピアニストの中野阿貴さんに「よろしくおねがいします」と挨拶して、リハスタジオへ。道中、今日のライブは3バンド出る対バン制で、私達は一番最初で、バンド名は「猫MONK」というらしい、ことがわかった。そして、びっくりしたのが、高橋さん、今日は38度の熱があると…。昨日結局アーリーバード終わったあと、大原さんとあたし、高橋さんに甘えて家まで送ってもらったから(いつもちゃっかり便乗する私達・・・・。)その疲れかと、ちょっと申し訳ない気分になりました・・。大丈夫ですかー?

スタジオ入ってさっそく声出し、音だし。私と中野さん、さっそく意気投合!中野さんのピアノ、ほんとに最高!あー本番たのしみっ。

ここまでで、まだドラマーがだれか聞いていませんでしたが、中野さんのピアノですっかり安心していたので、「今日もイケるな、大丈夫」とノリノリになった。リハが終わって、高橋さんと中野さんがやたら「テツさんが」と言ってるので、まさかと思って私、「もしかしてドラムって「加藤哲子」さん?」って言ったら「そうだよ」。


てっちゃんだ!今日のドラムスはてっちゃんでした。It's a small world!てっちゃんに会ったのは2,3年前です、たしか。私、2,3年前からビッグバンドやりたくて水道橋でリハーサルをしている社会人ビッグバンドに入っていたことがありました。そこで、ドラムのトラで来てたのがてっちゃんだったの。最初は「加藤さん、加藤さん」と呼んでいたけど、ある日私が歌っている国分寺のジャムセッションにお客さんで来てて、飲み会も参加してくれて、その日に限り、私は師匠の佐山正之氏と飲みながら大喧嘩した(笑)のですが、そのときてっちゃんが「こむかい、あんなのほっときなよ、こっちで呑もう」と言ってくれた。そのときから私は打ち解けた感じで「てっちゃん」と勝手に呼ぶようになりました。その後もなかなかご縁があって、国分寺のセッション、通常はドラムスは藤井信雄さんですが、藤井さんがNGのとき、ちょくちょくてっちゃんが来て叩いてくれています。


会場入りして、そこにいたのは「てっちゃん」。「よろしくー!」と言ったら「アンタか(笑)」と言われました。へへへ。そういう小さい会話がうれしいよ。

その日のバンドの演奏順は

1st : 猫Monk(高橋宏種wb,中野阿貴pf,加藤哲子ds,小向萌vo)
2nd : Miki a la mode (許斐美希vln5)
3rd : 秋山葉 (support:高木智久elb,小島一将cajon)

でした。逆リハ(演奏順と逆の順番でサウンドチェックをすること)でほかの2バンドもすごくおもしろそう!と思った!

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL